Tカードクレジット付変更後の利用法 現金よりもクレジットがお得!

現金払いでポイントを貯めるだけのTカードからクレジット機能付きの
Tカードに変更したいけど、変更後の使い方が心配。

 

 

同じTカードでも種類が変わると心配になりますよね。

 

 

安心してクレジット機能付きTカードに切り替えてもらうために、
Yahoo! JAPANカードを例にしてお得な利用法を伝授しますね。

 

 

まずは今までも現金払いでポイントを貯めてきた
Tポイント提携店舗でのお得な利用法からです。

 

 

Yahoo! JAPANカードはクレジットカードですが、
Tポイントカードとしての役割も持っていますので、
今まで通り現金払いでTポイントを貯めることは可能です。

 

 

ちょっと待ってください!

 

 

そんな勿体ない使い方はやめませんか?

 

 

例えば、コンビニのファミリーマートでYahoo! JAPANカードで
クレジット払いで買い物をしたとしましょう。

 

 

現金払いだったら200円で1ポイントだけしか貯まりませんでしたが、
100円で1ポイントのクレジット払い分のTポイントが貯まります。

 

 

200円以上買い物だったら現金払いのときよりも
クレジット払いのほうが3倍のポイントが貯まることになります。

 

 

次に、Tポイント提携店以外での利用法をご紹介しますね。

 

 

Tポイント提携店以外には、
スーパーやホームセンターなどのお店だけじゃなく、
インターネットでのショッピングも全て含まれます。

 

 

唯一、気をつけないといけないのは、
そのお店がクレジット払いできるお店かどうかと
VISAやJCBなど使えるカードの種類です。

 

 

Yahoo! JAPANカードは、VISAとJCBとMasterCardの3種類から選べるので、
あなたが普段利用しているお店で使えるブランドがどれが多いか
作る前に調べておくと申し込みの時に迷わなくて済みます。

 

 

インターネットショッピングの場合には、
使えるブランドはあまり気にしなくてもいいと思いますが、
一般的にVISAまたはJCBならほとんど大丈夫だと思いますよ。

 

 

ということでブランドはVISAかJCBのどちらかにしましょう。

 

 

それと、Tポイント提携店以外には、
光熱費や携帯料金などの支払いも含まれます。

 

 

口座振替にしている方が多いようですが、
これをクレジット払いにすると普段の買い物よりも
意外とポイントが貯まっていたりするものです。

 

 

しかも光熱費や携帯料金は1回登録してしまえば、
自分から取り消しや変更するまでずっとクレジット払いなので、
気がついたら結構Tポイントが貯まっています。

 

 

スーパーなどのお店、インターネットショッピング、
光熱費や公共料金の支払いなど、
Yahoo! JAPANカードなら全て100円で1ポイント貯まります。

 

 

光熱費と携帯料金などの支払いだけで、
毎月30,000円だとすると1ヶ月で300ポイント、
1年間だと3,600ポイントも貯まることになるんです。

 

 

これにお店での買い物やインターネットショッピングを含めると、
年間5,000ポイントぐらいだったら貯まりそうじゃないですか?

 

 

私はクレジット払いにできるものは、電気料金、ガス料金、携帯料金、
生命保険料、自動車保険料などなど全てYahoo! JAPANカードで払っています。

 

 

そのため今年は1年間で10,000ポイントぐらい貯まりそうな勢いです。

 

 

10,000ポイントもあれば、エディオンで電化製品を買う時に使えば、
すごくお得感が増しますし、毎日のお弁当をファミリマートで買って、
20食分ぐらいをポイントだけ払うことだってできちゃいます。

 

 

Yahoo! JAPANカードを作ったらとにかく全て
Yahoo! JAPANカードでクレジット払いにするのが断然お得です。